スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

85ミニッツ pvc-1 余命85分 ネタバレ感想

日曜日の事なのですが、ブックオフに用事があったので行ってきました。
ブックオフの2階にはTUTAYAがあるのですが、TUTAYAは品揃えはいいんだけど高いから普段利用したいのです。
しかし、今回は旧作と準新作が100円レンタルしてたのでブックオフでの用事も忘れてTUTAYAでDVD漁ってきましたw

流石に、100円だと面白そうなのはレンタル中なのが多く微妙そうなのしかありませんでした。
仕方ないので適当に6本程レンタルしてきました。
バーン・アフター
2ROOMS
85ミニッツ pvc-1 余命85分
フィースト
フィースト2
フィースト3

われながら微妙そうなラインナップだ・・・何故借りたのだろうか!
ジャケットに釣られるとホント地雷率が酷い。
しかし、釣られたのだから最後まで釣られるしかない。
という事で、85ミニッツ pvc-1 余命85分を観てみることに。

85ミニッツ PVC-1 余命85分 [DVD]85ミニッツ PVC-1 余命85分 [DVD]
(2009/10/02)
メリダ・ウルキーア

商品詳細を見る


こんなジャケットですw
何か、面白そうじゃありませんか!?

内容は、めんどくさいのでamazonさんから。

85分全編1カット、リアルタイムの衝撃!!

本作は、世界有数の犯罪多発国コロンビアで、2000年に起こった実話を基に創作された物語である。山間部で農園を経営する一家を武装グループが襲撃し、母親の首に時限爆弾を装着すると、多額の身代金を要求して姿を消した。一家は当局に連絡し、国家警察の爆弾処理エキスパートが処理を開始するが…。

といった内容なのです。

85分カットなく続けられる物語にリアリティと緊迫感を持たせるために、29歳の新鋭スタソロプロス監督は、最高の俳優を選び、綿密な計画と徹底的なリハーサルを積んで撮影に臨んだ。完成した作品は、カンヌ国際映画祭の監督週間で上映されローマ市賞を受賞したのをはじめ、テッサロキニ国際映画祭審査員特別賞、観客賞、最優秀男優賞、国際映画批評家連盟賞、バンコク国際映画祭最優秀作品賞など、多数の映画賞を受賞している。

賞も色々受賞したみたいです。
何か当たりな予感がしてきましたよ!

あぁ、ネタバレの前に感想を書いておきます。
ネタバレって程のものは無いんだけどね・・・。
この映画は85分カット無しで続けられる映画なんですが・・・犯人が一家の家に向かっていくところから始まり、金を要求して金が無いから爆弾を着けて、外すために警察の爆弾処理班が指定する場所へ向かう、指定場所に着いたらひたすら爆弾解体。
ホントにこれだけなんです。
85分カット無しなので、ノーミスで演技し続けた俳優さんは凄いと思います。

しかし、内容が・・・何とも微妙というか、退屈というか。
ほとんど、移動シーンだった気がするし・・・。
犯人は何故あの家を選んだんだ・・・ちゃんと下調べしたの?
犯人なんでどっか行っちゃったの?
見張らなくていいの?警察に連絡しちゃうんじゃない?
爆弾巻きつけられてお金用意できると思ってんの?
マジで犯人何がしたいの?こんな事ホントにあったの?
ホントに実話なの?何で映画化しようとしたの?
とか、疑問は尽きません。
そして、爆弾処理エキスパートとは何だったんだろうか。

まぁ、そんな感じで微妙通り越して早送りで見てもいいかなーという映画でした。
ぐだぐだなストーリー、退屈な移動シーン、それでも最後まで興味を持てるのは結末です。
さて、どうなったのでしょうか。

という事で、以下ネタバレです。
ネタバレというか、結末です。
もう、ストーリーほとんど書いてしまいました。
結末以外は・・・。
観ようかなーと思う人はご注意。

では、結末です。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/04/19 03:47 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

奈那紫

Author:奈那紫
このブログは
主に、雑記。
時々、映画。
稀に、ゲーム。
極稀に、バイク、酒、旅行など。
といった具合にお送りします!

リンクもトラックバックもフリーです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。