スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フローズン さらっとネタバレ

いやー、冬まっさかりですね。
冬といえば、一度は行ってみたいところがあるのです。

それが今回ご紹介する映画の題材になってるスキー場です!

一度も行った事ないのでどんな場所かよく解らないけど、きっと行ったら転びまくって恐ろしい事になるに違いない!
という事で、前置きはこれぐらいにして映画の話でも。

フローズン [DVD]フローズン [DVD]
(2011/01/07)
ケヴィン・ゼガーズ、ショーン・アシュモア 他

商品詳細を見る


この全然動きが無さそうなシチュエーションで90分ちょいとかw
色々と楽しみで仕方なかったのですw

とりあえず、amazonさんからあらすじ的なものを。
日の暮れたスキー場で最後の滑りを楽しもうと、ダン、ジョー、パーカーの若者3人が乗り込んだリフトが、突然山上への途中で停止してしまう。
リフトの係員の勘違いで、運転をストップしたのだ。いくら大声で救助を求めても、大自然の真っただ中では誰にも悲鳴は届かない。
スキー場の営業は1週間後。ゲレンデの照明が消え、猛烈な吹雪にさらされたとき、携帯電話も食料も持たない3人は、自分たちが最悪の状況に陥ってしまったことを思い知らされる。
氷点下20度という血も凍りそうな極寒の暗闇の中、地上15メートルの空中に宙吊り状態で置き去りにされてしまったことを―。
スキー場を訪れた経験のある人ならば、誰もが一度は想像したことのある悪夢のようなワン・シチュエーション。
真冬の雪山のリフトに宙吊りにされる底なしの孤立感、若者たちの体力&気力を根こそぎ剥ぎ取る寒さと凍傷の恐ろしさ。
『SAW ソウ』シリーズのプロデューサーが仕掛ける、身も心も凍りつくような恐怖。
観る者に「もうスキー場には行けない…」と叫ばせる、究極の〈体感型シチュエーション・パニック・スリラー〉!!

まぁ、こんなお話です。
何かのDVDに収録されてた予告編を観たときから気になってたのです。

感想から書いておくと、色々とご都合主義的な感じもしますが・・・これはこれでアリなんじゃないかなと。
そもそも、スキー場ってあんなのがうようよと出てくるのか・・・とか!

それでは、以下ラストまでネタバレしてるので観る予定の方はここまでです。

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/01/10 04:02 ] 映画 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

奈那紫

Author:奈那紫
このブログは
主に、雑記。
時々、映画。
稀に、ゲーム。
極稀に、バイク、酒、旅行など。
といった具合にお送りします!

リンクもトラックバックもフリーです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。