スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画 ×ゲーム(バツゲーム) ネタバレ

風邪が治ったひゃっほーい!とか調子乗って食べるラー油を大量にごはんにかけて酒呑んだりしたら酷い目にあいました。
深夜から昼まで目覚めては頭痛に悩まされたりとぐったり。

という事で、今日は安静にしてたおかげで少し回復。
しかし、明日は予定が・・・治るのだろうか。

ってなわけで、最近の邦画レビューに続いて今回も邦画のレビュー!

「×ゲーム」
×ゲーム [DVD]×ゲーム [DVD]
(2011/02/04)
荒木宏文、菊地あやか 他

商品詳細を見る


煽り文句が、これを観るのも罰ゲーム!とか書いてあったから、どんな糞映画だよ・・・と思って観たら結構楽しめました・・・ごめんなさい。

原作は、小説でラストとか少し違うらしいですが原作未読というか読む気すら無いので何が違うのかは全然解りませんが。

あらすじをアマゾンさんから!

小学校時代に行われていた「×ゲーム」という名のいじめ。赤いブリキ箱にいじめの内容を書いたクジを入れ、それを引いては書かれたことを実行するのだ。それから12年…当時の担任が突然の自殺。これを他殺と疑う英明は、同級生の石松と真相を探っていくうちに、犯人が12年前のいじめられっ子だった蕪木毬子ではないかと疑いはじめる…。
ある日、「毬子らしき人物に見張られている」という彼女・理香子からの連絡を受け、家へと駆けつけていた英明は突然背後から襲われ、拉致された! 監禁された先には同様に拉致された同級生の智絵・新庄・吉池の姿。勝手に回るルーレット…止まった人はクジを引き、「×ゲーム」を強要されるのだ。しかも「×ゲーム」は過去のものとは比較できないほど残忍なものだった…。罰を免れたいがために4人の関係も崩れ始め…。

まぁ、アレですよ!
リアル鬼ごっこよりは面白かったよ!

という事で、以下ネタバレなので未見の方は回避推奨です。


スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/02/12 01:37 ] 映画 | TB(0) | CM(3)
プロフィール

奈那紫

Author:奈那紫
このブログは
主に、雑記。
時々、映画。
稀に、ゲーム。
極稀に、バイク、酒、旅行など。
といった具合にお送りします!

リンクもトラックバックもフリーです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。