スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブラッド・セル -血塗られた携帯電話- ネタバレ

何となく、テレビが何もやってなかったのでDVD垂れ流しにして世界樹をやる事にしました。
という事で、ブラッド・セル -血塗られた携帯電話-という映画を観ました。
タイトルからしてアレなのですが、吹き替えが入ってるから他事しながら観れるのがいいのです。

感想から言いますと、1時間と数分で終わるのですが普通につまらなかったです。
だから、色々と適当なレビューになっています。

とりあえず、大雑把なストーリーです。
深夜にジュリアの元に友人のスーザンから一本の電話がかかってきて目が覚める。
そして、送られてくるビデオメール。
内容は、誘拐されたから助けて欲しい!携帯の電源は絶対きらないで・・・電源が切れたら殺される、また電話するからそれまで待ってて。との事。
メール見て呆然としていると、唐突に響いてくるドアのノック音。
ドアを開けると、そこには携帯の予備バッテリーが置いてありました。
そこで、友人のアレックスに電話で協力を求めようとしますが留守電になってしまったので、とりあえずアレックスの家へと向かうのでした。
果たして、ジュリアはスーザンを助けることが出来るのでしょうか。

って感じのストーリーです。
何か面白そうだったんだけどな・・・まぁ、映画に当たりハズレが多いのは自然なんですが・・・特に、ホラー映画。

という事で、こんな映画見る気ないわーwって方で結末が気になるーってお人は続きのネタバレをどうぞ。
やばい、興味が出てきた!ちょっくらレンタルショップまで行ってくるわ!って勇者様はここまででという事で。




それでは、ささっとストーリーの続きを。

アレックスの家についたジュリアは・・・ここで、送られてきた予備バッテリーをアレックスに驚かされて盛大にプールにぶちまけてしまいます。
これで、予備バッテリーは使えなくなってしまいます。
無事合流したアレックスとジュリアは、早速スーザンの家に手がかりを求めて向かいます。
途中、移動中の車内でスーザンから・・・予備バッテリーをダメにした事が知られている事と今居る場所の情報を教えられます。
ついでに、スーザンは友人を助けに来て誘拐されたとも言ってます。
ここで、どうやら監視されている事に気がつきます。

その後、スーザンの家でスーザンの日記を見つけ顔の部分が削られた謎の写真を発見します。
そこに、犯人から電話がかかってきたりスーザンからムービーメールがきたりします。
犯人は、俺の望みは「俺の話を聞いてもらうことだ30分後に電話する、隣に居る女は帰らせろ」みたいな事を言って電話を切ります。
スーザンからのムービーメールと日記の写真で場所を特定した二人は、犯人から電話が掛かってくる前にスーザンを助け出すため早速向かいますが、犯人からの要求どおりジュリアが一人で行動することに。

一人になったアレックスはスーザンの日記を見て、場所を特定した写真が偽物だという事に気がつき、ジュリアに急いで電話しますが犯人に殺されてしまいます。

ジュリアは車での移動中、車がパンクしてしまい、仕方なく走ってスーザンの元に向かいます、途中で怪しい男の車に乗せてもらい、スーザンの監禁場所に到着。

監禁場所には犯人も徘徊しています。
スーザンを探すべく中を探索していると、顔を削られたり顔が見えない女性の写真がたくさん壁に貼られているのを見つける。
そして、スーザンから電話が掛かってきて助けてーと連呼される。
スーザンを発見、しかし既に死んでいる。
しかし聞こえてくるスーザンの声。

なんと、スーザンの声は近くのパソコンから聞こえてきているのでした。
そのパソコンには、今まで送られてきたムービーメールやらスーザンの声の音声ファイルなどが再生されています。
パソコンの近くには、しっかりスーザンの携帯も固定されています。
周りには、なにやら怪しい器具やら血のはいったバケツやらも置かれており、あからさまに指とか切断しましたと言わんばかりの空気。

ここでやっと、スーザンは最初から死んでいてスーザンを使って自分がおびき出された?という事に気がつくも背後には犯人が佇んでいて襲われます。

所変わって、ジュリアの友人の元にジュリアからムービーメールが届きます。
開いてみると。
ジュリアが・・・誘拐されたから助けて欲しい!携帯の電源は絶対きらないで・・・電源が切れたら殺される。

これで終了。

それにしても、微妙だった・・・。
でも、最初に既に死んでたならバッテリー落としたのをスーザンの声で伝えるとか無理じゃないかーとか思ったり。
もしかしたら、まだ死んでなかったのかもしれないけど・・・まぁ、細かいことはいいかw
監禁場所で見つけた、顔が削られた写真は既に殺された女性という事かなー。
スーザンの家で見つけた顔の削られた写真がスーザンの友達かなー。
たぶん。

犯人もずっとガスマスクしてコーホーコーホーしてて、誰か解らないし。
途中、怪しい男が無駄に出てくるけど解らない。
結末は、たぶん途中ですぐに想像がつく。

という事で、何だか微妙な映画でした。
適当にレビューしようと思ってたら、長文になってしまった・・・。


[タグ未指定]
[ 2010/04/06 04:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

奈那紫

Author:奈那紫
このブログは
主に、雑記。
時々、映画。
稀に、ゲーム。
極稀に、バイク、酒、旅行など。
といった具合にお送りします!

リンクもトラックバックもフリーです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。