スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インシテミル 7日間のデス・ゲーム ネタバレ含む感想

今日はダメだーとても元気が出ない。
テンションが最底辺すぎる。

という事で、帰ってきてからご飯食べる気も起きずお酒飲みながら映画を観ていたわけです。
一日ぐらい食べなくても飲み物だけで過ごせるものです。
何か最近は映画のレビューしか書いてない気がしますがいかがなものでしょうか。

まぁ、前置きはこのぐらいにして映画の感想です。

今回観た映画はインシテミル 7日間のデス・ゲーム。

インシテミル 7日間のデス・ゲーム [DVD]インシテミル 7日間のデス・ゲーム [DVD]
(2011/02/23)
藤原竜也、綾瀬はるか 他

商品詳細を見る


あらすじをアマゾンさんから。

時給11万2千円という求人広告につられ、男女計10人が「暗鬼館」に集まった。
仕事内容は、「暗鬼館」での7日間を24時間監視されるだけ。
鍵のかからない10の個室と10の凶器が参加者に与えられる。

何も起きなければ全員に1,600万円以上の大金が手に入るはずだった・・・。
しかし、2日目に死者が出る。
誰が何のために殺したのか?
参加者は疑心暗鬼の深淵に落ちてゆく・・・。

果たして、生き残りをかけた究極の心理ゲームは始まってしまうのか?

といった内容ですが、個人的な感想からいくと・・・典型的名とてもダメダメな邦画でした。
邦画によくある力を入れて作ったのは良いけど凄い残念な出来という。
もうホント何なんだろう。
原作があるらしいのですが、原作は未読なので解りません。

一緒に借りてきた死刑ドットネットとか昔観たデスチューブの方がまだ面白かった・・・ような。
真面目に作った邦画のホラーやらミステリーより、軽く悪ふざけが入った低予算邦画の方が面白い気がするんだけど気のせいでしょうか。

あぁ、EDのシンジテミルは良かった!

という事で、以下すごく大雑把にやる気の無いネタバレなので観る予定の方はここまでです。


登場人物は、10人。
結城理久彦 フリーター
須和名祥子 OL
関水美夜 WEBデザイナー
大迫優大 研修医
岩井荘助 怪しげな人
橘若菜 大迫と結婚する予定のネイリスト
西野宗広 リストラされた人
真木雪人 楽して稼ぎたい人
渕佐和子 主婦
安東吉也 アル中

もう、こまけーこたぁ良いんだよ!みたいな映画だったので、こまけーこたぁ良いんだよ精神で最後までストーリーを追っていきます。

冒頭、バイトを探してたフリーターは偶然出会ったOLに時給11万2千円のバイトってどー思いますか?という美味しい話を聞いて求人に応募。

どーやら、参加者は全部で10人のようで見るからに怪しい感じの人とかが居て、これ見よがしに通り魔がどーのという新聞がズームされる。

お仕事先の暗鬼館についたご一行は、とりあえず用意してあったご飯を食べる事に。
すると、テーブルの真ん中にあるインディアン人形がお仕事(ゲーム内容)を説明してくれる。

お仕事の内容は、「暗鬼館」での7日間を24時間監視されるだけ。
参加者には鍵のかからない10の個室と10の凶器が参加者に与えられる。
事件が起こったら、探偵役の人を決めて推理して犯人をつきとめよう!推理が当たってるかの判断は多数決。
探偵役の人、犯人、被害者にはボーナスとして貰える額が2倍になるよ!犯人は投獄する事。
でも、夜の10時から朝の6時までは部屋に居てね!部屋の外にはみんなの安全を守るためのガードロボが天井を徘徊してて、見つかると排除されちゃうよ!

と、大雑把にこんな感じのルール。

これを聞いた10人は、事件なんて起こるわけが無いけど、お互いに危害を加えるのは止めましょうと話し合う。
ここで、リストラされた人が色々な人の事をあいつは怪しいと言いふらし始める。

夜になり部屋に戻ったフリーターは自分の部屋の箱を開けてみる。
そこには、凶器の火かき棒と紙が。
紙には、火かき棒 撲殺 まだらの紐と書いてあった。

この映画を観ている人としては、いきなりまだらの紐とか言われても・・・え?なんですが。
シャーロックホームズでまだらの紐とかいう話があったぐらいしか解りませんでした。

そんな映画を観ている人の疑問は置き去りに、フリーターは不安な気持ち一杯で眠るのでした。

そして、日付は変わって、2日目。
リストラされた人は銃で撃たれた事が原因で部屋の外で死んでいた。
ここからミステリーらしく推理がはじまるのかと思いきや・・・現場をたいして調査もせずに状況証拠もたいして確認せずに、研修医が勝手に推理をはじめる。

じつはこの研修医はじつは職業研修医ではないのです。
研修医と言っておいた方が皆から賛同を得やすいとかそんな理由で、研修医を名乗ってただけなのです。

で、その似非研修医は犯人はきっと怪しい人だ!やつは連続通り魔に違いないんだ!とか言いだす。
他の人も来るのが遅かったとか、死体を見ても動揺しないとかそんな理由で犯人だと決め付ける。

せめて、全員に配給された武器の確認ぐらいしましょーよとフリーターが言うが、武器がばれると弱い武器の人から殺されるとか、抑止力がどーのとか言い誰も見せようとしない。

結局、怪しい人は犯人として投獄されボーナス獲得、死んだリストラされた人もボーナス獲得、研修医とネイリストのバカップルもこれでボーナス獲得だぜひゃっほーいとか喜んでいる。

ちなみに、リストラされた人の凶器は毒薬、怪しい人の凶器は箱の中に入ってなかったので解らずじまい。

その夜、主婦がWEBデザイナーに釘撃ち機で殺される。
殺害の動機は、初日にリストラされた人の話を鵜呑みにしての犯行。

何故か、フリーターの凶器箱のなかの火かき棒が拳銃に変わっている。
しかし、弾の数から撃った形跡が無い。

そして、3日目。
主婦の死体が発見されOLが疑われるが、フリーターが必死に庇って推理は行われない。
主婦の凶器は箱の中に入ってなかったので謎。
研修医の凶器はナイフと判明。

夜になり、今晩からガードロボの徘徊ルートを避けて夜の見回りをするとの事。
フリーターとOLが見回り、交代時間になったのでWEBデザイナーが来る。
見回りは二人一組だが、もう一人来る予定のネイリストが来ていないのでフリーターが代わりに一緒に回る事に。

一方、ネイリストは死体置き場で研修医とイチャイチャしてたのである。
ネイリストは見回りに合流するべく死体置き場を出て行き、一人佇みゾクゾクするねぇとか言っちゃう研修医。
すると、天井が落ちてきて研修医死亡。

4日目、みんなが研修医の死体を発見。
恋人を無くしたショックで呆然とするネイリスト。
すると、天井が落ちてきそうになり・・・部屋の外でリモコンを持っている楽して稼ぎたい人を発見。
追い詰めると、僕じゃない!僕はリモコンを拾っただけなんだ!僕の武器はこれなんだあああああああああと言ってボウガンを取り出し乱射してくる。
流石に怯んでいると、復讐する気満々なネイリストが斧持って突っ込んでくる。
見事、楽して稼ぎたい人を殺すも自分も斧で頚動脈切って自殺。

夜になると、主婦殺しの犯人が解ったフリーターはWEBデザイナーのところに行き、もう人殺しは止めるんだ!と言う。
しかし、晩御飯に弛緩剤(元々主婦の凶器)を盛られていたのでフリーターは倒れこむ。
釘撃ち機でパスパスされそうになるも、這いずって逃げ回るフリーター。

何故か弛緩剤が効いてるフリーターに全然追いつかないWEBデザイナーだが、フリーターを追い詰めたところでガードロボに見つかってしまう。
フリーターは咄嗟に部屋に入るがWEBデザイナーはその場に立ち尽くすという奇行のせいでガードロボに射殺される。

朦朧とする意識のなかで、フリーターは事の真相が解りそうになりつつ眠りに落ちる。

5日目。
WEBデザイナーの死体の前に集まる、フリーター、OL、アル中。
最初のリストラされた人が死んだ事件は、犯人なんて居なくってガードロボに殺されたのだという事に気がつく。
きっと、最初に死んだリストラされた人はこの推理ゲームを盛り上げるために仕込まれた人で、皆を疑心暗鬼にするための役だったんだ!という推理に行き着く。
WEBデザイナーの件も説明する。

ここで、フリーターとアル中はともに凶器をテーブルの上に置き事件が起こらないようにする。
ちなみに、アル中の凶器はアイスピック。

そしてついに6日目。
何事も無かったように朝になり平穏に過ごす。

最終日7日目。
朝から誰も居ない事に気がつくフリーター。
テーブルの上からは凶器が無くなっている。
皆を探していると、死体置き場で撃たれて死んでいる様子のアル中を発見。
ところが、後ろから投獄中のはずの怪しい人に羽交い絞めにされる。

そして、怪しい人が言うには研修医は殺したがアル中は殺してないと言う。
牢獄でモニターを見ていた怪しい人は自分の凶器のリモコンを使って、研修医を殺害。
その後、リモコンを牢獄の外に捨てたところ、楽して稼ぎたい人が拾ったという。

結局、怪しい人は通り魔なのでフリーターを殺すべく執拗に襲い掛かってきます。
ピンチのところで、拳銃を持ったOLが助けに来る。
ところが、拳銃を怪しい人に奪われる。
拳銃にはアル中が細工していたので暴発して、怪しい人死亡。

その時、ついに7日間のゲームはタイムアップで終了することになる。
フリーターとOLは一緒に脱出。
アル中は死体置き場の棺おけから起き上がる・・・実は死んだふりだったのだ。

フリーターは所々で推理ボーナスをゲットしていたので1億2902万4000円の賞金を獲得。

実はこのゲーム世界中にリアルタイムで中継されていて、そこから得られるお金で運営されていたのです。
OLはそんな運営側の人間でアクセス数を稼ぐために、火かき棒と拳銃を入れ替えたり、怪しい人を牢獄から出したりしてゲームを盛り上げたという。

映画観ている側としては、まず・・・あの唐突で不自然な偶然出会った感じの序盤から気がつく感じですが・・・な、なんだってー!という事で。

じゃー、なんで助けてくれたんだ!とフリーターが問い詰めるもOLは行ってしまいます。

そして、唐突に現れたアル中にそこまで驚いてる感じもせずに、フリーターとアル中は一緒に歩き出すのであった・・・何故か、お金の入った鞄を捨て去り

おしまい。

いや、なんでお金捨てたし・・・。
こんな大量の犠牲を出したような汚いお金は受け取れるか!俺は怒ってるんだぞ!的なポーズなんでしょうか。
カイジさんともあろうお方が・・・いや、違うか。

なんか、もー色々とダメな映画でしたとさ。

そーいえば、タイトルのインシテミルって何なんだろうか。
普通に、(ネトゲーとかに)インしてみる?とか思ってたんだけど。
まぁ、いいかーw

でも、EDのシンジテミルは良かったよ!

[タグ未指定]
[ 2011/03/08 02:49 ] 映画 | TB(0) | CM(3)
昨日インシテミル見ました
ある意味楽しめました笑
[ 2011/10/15 10:46 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 昨日インシテミル見ました
> ある意味楽しめました笑

今更ながら、コメント返させてもらいます。

インシテミルはアレですよね。
突っ込みどころを全部無視して適当に観れば、それなりに楽しめますよね!w
わりとよくある話な気もしますがw
[ 2011/11/06 06:20 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/11/29 23:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

奈那紫

Author:奈那紫
このブログは
主に、雑記。
時々、映画。
稀に、ゲーム。
極稀に、バイク、酒、旅行など。
といった具合にお送りします!

リンクもトラックバックもフリーです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。