スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グレイヴ・エンカウンターズ ネタバレ感想

おはようございます!
冬のお布団の魔力半端無い・・・少しごろごろするはずだったのに、気がついたら寝てて変な時間に起きてしまうという。

ってなわけで、凄い微妙な時間に起きてしまったわけなので映画のレビューでも。

今回は、前回予告した通り・・・


グレイヴ・エンカウンターズ【DVD】グレイヴ・エンカウンターズ【DVD】
(2012/10/03)
ショーン・ロジャーソン、アシュレイ・グリスコ 他

商品詳細を見る


グレイヴ・エンカウンターズ!

せっかくなので、怖すぎる?予告編!



あー、もう怖いですねーちょー怖いです。
個人的には嫌いじゃないです!

そんなこんなで、さっそくあらすじ。
実在する超常現象を追跡するリアリティ番組、「グレイヴ・エンカウンターズ」。実はプロデューサーのランスは、超常現象などは全く信じておらず、番組出演者もニセモノただのヤラセ番組だった。しかし、もっともらしい映像が撮れればいいと踏み込んだ廃墟と化した精神病院で、事態は急転する。76時間にも渡り撮影された驚愕の内容がついに明らかに!

という感じのわりとありきたりなモキュメンタリー。

観た感想としては、アレです。
前半が退屈な・・・そう、全然怖くないパラノーマルを更につまらなくした感じで退屈。
後半になるにつれて、アメリカのホラー映画にありがちな・・・恐怖より、お化け屋敷みたいな驚かせるだけの類の展開が続くという。

これをヘッドマウントディスプレイで観てたわけですが・・・ホント、前半は眠くなるけど後半はビックリしまくりでお化け屋敷的に結構楽しめた感じです!
きっと、テレビに出力して観たら片手間に観ただろうし・・・たいして、ビックリも怖くも無いかもしれません。
が、しかし!
パラノーマルシリーズに比べれば格段に面白かったと思います。

そんな感じの映画ですが、なんと・・・グレイヴ・エンカウンターズ2の予告編も既にあるという。



1に比べて、だるいシーンを除いてお化け要素多めの作品にでもなってるのかなー・・・!
これはこれで、楽しみです!w

そんなこんなで、以下さくっとネタバレしつつストーリーを追ってみたいと思います。
なので、ネタバレ嫌いな方や観るつもり満々の方は注意です!


とは言ったものの、たいしてネタバレするような事も無い現実・・・!
こんな時は仕方ないので、簡単に適当にストーリーを追ってお茶を濁すに限るのです。

snapshot20121029032224.jpg

超常現象を追跡するリアリティ番組「グレイヴ・エンカウンターズ」

登場人物は、プロデューサーのランス、紅一点のサシャ、音声担当のTC、技術スタッフ的なマット、インチキ霊能者ヒューストンの5人のスタッフ。

今回スタッフが訪れたのは、過去にロボトミー手術も行われていて所長も患者に殺されてしまったという曰くつきの・・・閉鎖された精神病院。

さっそく、撮影スタッフは関係者から話を聞く。
しかし、そこは超常現象など信じてないスタッフ一同!
お金を渡して、お化けを見た!的な証言をしてもらったり、ニセモノの霊能者を使ったりと適当な感じ。

そして、一通り話を聞いたり精神病院の撮影を終えたスタッフ。
超常現象を撮影するべく、鍵をかけて出れないように雰囲気作りをして精神病院に泊り込みすることに。

朝6時に管理人が鍵を開けにくるまで、固定カメラを設置したり病院内を見回りをするスタッフ。
すると、窓やら扉が勝手に開いたり車椅子が動いたりと・・・パラノーマル並みに地味な超常現象が起こり始める。
他にも、誰もいないはずなのに髪の毛を触られたり携帯が通じなくなったりと徐々に超常現象もエスカレート。

貴重な映像が撮れたと思いつつも、身の危険を感じ始めるスタッフ一同。
朝6時に向けて荷物を片付け始める。
が、しかし・・・固定カメラを回収に向かったマットが一向に戻ってこない。
扉が開くまで少し時間があるので探しに行くスタッフ。

捜索中にTCが、階段から突き落とされる。
そんなこんなで、扉を開けに管理人がやってくる時間に。
ところが、時間になっても一向に管理人はやってこず・・・パニックに陥ってたスタッフは扉をぶちやぶる。
するとそこには、出口ではなく何故か通路が・・・。

消えたスタッフと出口を探し、通路を進んでいくスタッフご一行。
ここで、異変に気がつく・・・なんと、時計を見ると完全に朝のはずなのに太陽も出なければ、全然明るくならないという。

とりあえず、睡眠をとる事にするが急にライトが倒されて壊されたり、持ち込んだ食料が腐りきったりと散々な目に。
屋上を目指すが、何故か階段の途中で行き止まり。

完全に道に迷ったスタッフ一行だが、捜索を続ける。
道中、患者の衣装を着た女の子がもじもじして背中を向けてるのを発見。

snapshot20121029025542.jpg

普通なら、こんなところに患者の衣装を着て後ろを向いてる女の子とかスルーするのが基本ですがそこはホラー映画。
とりあえず、声をかけてみることに・・・すると、振り向いた女の子の顔がウボァーみたいな感じに。
パニックになったスタッフは一目散に逃げ出す。
途中で、ニセモノ霊能者スタッフのヒューストンが孤立・・・無残にも謎の超常現象か見えない霊かよくわからないモノで死亡。

残ったランス、サシャ、TCはとりあえず休む事にするが目覚めると入院患者用のリストバンドがいつの間にか腕に巻かれている。
扉から腕が出てくるという、お化け屋敷的な超常現象にパニックになりながらも出口を探す一同。
途中、ついにマットを発見する。

snapshot20121029030256.jpg

見た目どおり、入院患者衣装にリストバンド装備の完全に精神的に壊れてしまった状態で・・・。
話を聞いてみるもマットは完全に錯乱しており出口を聞いてみても「よくなれば出れるんだ・・・」と言うぐらいで話にならない。
さすがに疲れたので、適当な部屋で休んでみるも起きると部屋中からしょぼい黒い腕が伸びてくるというw
ホント、お化け屋敷みたいな感じの超常現象がw

驚いたスタッフ一向は、出口探しを再開。

今度は、曰くつきのバスタブの部屋に辿り着く。
そして、血でみたされたバスタブの前で意味ありげに立ち尽くすマット。
完全に死にフラグです。

snapshot20121029030648.jpg

「おい、やめろ!行くぞ!」てきな感じでマットを連れて行こうとするTCだが、バスタブから血まみれの何かが飛び出してきてTCをバスタブの中へ。
急いで、バスタブをひっくり返すもTCは出てこない。

パニックになりつつも出口探索を再開。

エレベーターを発見したので、地下を通って別の練からの脱出を考える。
しかし、エレベーターの扉が開かないのでマットとサシャを置いて、扉を開ける道具を探しに行くランス。

道具を見つけると同時に、何故か人間のモノらしい舌を発見。

snapshot20121029030824.jpg

上を見ると、舌の無いゾンビかお化けかよく解らないものが・・・それに追いかけられつつも、エレベーターに戻りこじ開ける。

そうこうしているうちに、マットが開いたエレベーターから飛び降りて死亡。

snapshot20121029031027.jpg

サシャとランスは無事エレベーターを降りて、地下道を進んでいく。

そんなに距離が無いはずなのに、延々と続く地下道。
途中、サシャが吐血するので休む事に。

すると・・・

snapshot20121029031332.jpg

いつの間にか、霧が出てきてサシャが消える。

精神的にも肉体的にも限界にきたランスは睡眠を取り、食料を得る。

snapshot20121029031727.jpg

その後、地下道を進んでいくと精神病院で行われていたであろうロボトミー手術の資料?やら怪しい資料をたくさん発見。

更に進んでいくと・・・怪しい手術の真っ最中の所長の亡霊らしきものと看護婦の姿が。

snapshot20121029032005.jpg

所長に捕まってしまうランス。
次に映像が戻ったときには完全に正気を無くした感じで「よくなったので帰れる・・・」とつぶやくランスが映し出されて終了。

snapshot20121029032121.jpg

うん、長々と書いたけど・・・改めて思い返しても雑だなー。
でも、お化け屋敷っぷりが凄かった!
元々、お化け屋敷は苦手だし・・・それもあって、ヘッドマウントディスプレイで見たらすっごく怖かった気がした!

そして、2ではこのランスさんが再登場するとかしないとか・・・どーなんだろう!
ちょっとだけ楽しみだなー。

そんなこんなで、REC3も早速借りてきたので観なくては!
全然、期待してないけど観なくては・・・!

ということで、今回はこのへんで。
途中書きで放置して、久しぶりに書いたらぐだぐだな感じになってしまった・・・。

[タグ未指定]
[ 2012/11/02 04:34 ] 映画 | TB(0) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/07/28 06:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

奈那紫

Author:奈那紫
このブログは
主に、雑記。
時々、映画。
稀に、ゲーム。
極稀に、バイク、酒、旅行など。
といった具合にお送りします!

リンクもトラックバックもフリーです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。