スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファイナル・デッドブリッジ ネタバレ感想

お久しぶりです、ご無沙汰してます!
ついったーしてるとブログ書く気が起きなくなるのは仕様といいますか、何といいますか・・・。

という事で、久しぶりに書いてみることに。

今回は、深夜にテレビを眺めてて、たまには試写会にでも応募してみるかーとか思って応募しておいたのが当たってたので行ってきました!

そうです、ファイナル・デッドブリッジです!
この映画もシリーズ5作目という事で毎回お決まりなのですが・・・今回もいつも通りなので、ネタバレも何もあったもんじゃないです。

ってなわけで、適当に観てきた感想を!

オープニングから、これでもかという感じの3D表現のオンパレード。
今までの死に方を3Dで表現した感じ!
最後に観た3D作品が、たしかソウ ザ・ファイナルだったので3Dには全然期待してなかったのですがなかなか良い感じの3Dでしたw

そして、ストーリーは相変わらず主人公が死ぬ映像を観てしまって、それを回避したのは良いけど生き残った人たちが次々に死んでいってしまうという話。

今回は、大事故の現場が橋の崩落という事で、いきなりクライマックスな感じで死にまくります。
もう、これでもかっていう感じで死んでいきますw
この橋の崩落シーンでの3Dの使い方が素晴らしすぎて、ちょっと感動しました。

それに比べてSAWは・・・いや、何もいうまい。

ってな感じで、3Dの吹き替えで観たのですが、前作のサーキットと違い吹き替えも普通だったし、3D表現も悪くないしで結構良い感じでした!

ただ、ちょっと・・・死に方が適当というか。
このシリーズは死に方を楽しむような映画なのであって、それが残念だと映画の意義が失われるというか・・・もっと、ピタゴラスイッチ的に死ぬのかと思ったらあっさり一瞬で死んだりと。
まぁ、その辺を気にしなければ大丈夫ですw

観るなら是非、3Dがお勧めですw

SAWで期待した肉片やら血がうばーって感じの3Dがそこにあったような気がしますw


では、せっかくなのでストーリーを追っていこうと思うのでネタバレ嫌ーって方はここまでです!w


[タグ未指定]
[ 2011/09/27 23:28 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

死刑ドットネット ネタバレ感想

お久しぶりです!
この頃、ブログとか更新しても誰も見ないだろー・・・という事で、更新を放置してました。
3月は2回しか書いてなかったとか・・・。

という事で、あっという間に4月も迎えたので、これからは毎日更新!
ってエイプリルフールに書こうと思ったのですが、それすら書き忘れてました。

まー、たまには何か書こうということで・・・いつ観たか忘れたレベルの映画の感想でもと。
今回ご紹介させていただくのは・・・死刑ドットネット

SAWを1からファイナルまで順番にレビューして、最後にSAWファイナルまでの時系列まとめとか書こうかなとか思いましたが、既に誰かが解り易く作ってそうなのでスルーしました。

こーいう、誰得感漂う映画のレビューを書いてこそだと思うわけです!

死刑ドットネット [DVD]死刑ドットネット [DVD]
(2011/03/02)
桑田尚樹

商品詳細を見る


という事で、簡単にあらすじ。

岩木隆太はデリヘルの受付係。女たちに顎で使われ、店長にゴミ扱いされ、面白くない毎日。ある夜、パソコンをいじっていた隆太は“死刑ドットネット”というサイトを見つける。覆面の参加者6人は、各々が殺したいターゲットを裁判にかけ死刑を宣告、役割を交代しながら殺人を繰り返す。互いに顔も知らないメンバーによる多重交換殺人。面白半分で参加した隆太は、それがゲームではなく現実の出来事だと知るが…。

感想を先に言ってしまえば、ラスト辺りの、ここからどーなるのかなーという展開がハラハラするようなしないような!
発想もなかなか良かったですし。

適当に借りた気がするけど、割と悪くなかったような気がする作品です。

それでは、以下ネタバレ含む!ネタバレ注意!って事で。



[タグ未指定]
[ 2011/04/03 06:24 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

インシテミル 7日間のデス・ゲーム ネタバレ含む感想

今日はダメだーとても元気が出ない。
テンションが最底辺すぎる。

という事で、帰ってきてからご飯食べる気も起きずお酒飲みながら映画を観ていたわけです。
一日ぐらい食べなくても飲み物だけで過ごせるものです。
何か最近は映画のレビューしか書いてない気がしますがいかがなものでしょうか。

まぁ、前置きはこのぐらいにして映画の感想です。

今回観た映画はインシテミル 7日間のデス・ゲーム。

インシテミル 7日間のデス・ゲーム [DVD]インシテミル 7日間のデス・ゲーム [DVD]
(2011/02/23)
藤原竜也、綾瀬はるか 他

商品詳細を見る


あらすじをアマゾンさんから。

時給11万2千円という求人広告につられ、男女計10人が「暗鬼館」に集まった。
仕事内容は、「暗鬼館」での7日間を24時間監視されるだけ。
鍵のかからない10の個室と10の凶器が参加者に与えられる。

何も起きなければ全員に1,600万円以上の大金が手に入るはずだった・・・。
しかし、2日目に死者が出る。
誰が何のために殺したのか?
参加者は疑心暗鬼の深淵に落ちてゆく・・・。

果たして、生き残りをかけた究極の心理ゲームは始まってしまうのか?

といった内容ですが、個人的な感想からいくと・・・典型的名とてもダメダメな邦画でした。
邦画によくある力を入れて作ったのは良いけど凄い残念な出来という。
もうホント何なんだろう。
原作があるらしいのですが、原作は未読なので解りません。

一緒に借りてきた死刑ドットネットとか昔観たデスチューブの方がまだ面白かった・・・ような。
真面目に作った邦画のホラーやらミステリーより、軽く悪ふざけが入った低予算邦画の方が面白い気がするんだけど気のせいでしょうか。

あぁ、EDのシンジテミルは良かった!

という事で、以下すごく大雑把にやる気の無いネタバレなので観る予定の方はここまでです。


[タグ未指定]
[ 2011/03/08 02:49 ] 映画 | TB(0) | CM(4)

映画 ×ゲーム(バツゲーム) ネタバレ

風邪が治ったひゃっほーい!とか調子乗って食べるラー油を大量にごはんにかけて酒呑んだりしたら酷い目にあいました。
深夜から昼まで目覚めては頭痛に悩まされたりとぐったり。

という事で、今日は安静にしてたおかげで少し回復。
しかし、明日は予定が・・・治るのだろうか。

ってなわけで、最近の邦画レビューに続いて今回も邦画のレビュー!

「×ゲーム」
×ゲーム [DVD]×ゲーム [DVD]
(2011/02/04)
荒木宏文、菊地あやか 他

商品詳細を見る


煽り文句が、これを観るのも罰ゲーム!とか書いてあったから、どんな糞映画だよ・・・と思って観たら結構楽しめました・・・ごめんなさい。

原作は、小説でラストとか少し違うらしいですが原作未読というか読む気すら無いので何が違うのかは全然解りませんが。

あらすじをアマゾンさんから!

小学校時代に行われていた「×ゲーム」という名のいじめ。赤いブリキ箱にいじめの内容を書いたクジを入れ、それを引いては書かれたことを実行するのだ。それから12年…当時の担任が突然の自殺。これを他殺と疑う英明は、同級生の石松と真相を探っていくうちに、犯人が12年前のいじめられっ子だった蕪木毬子ではないかと疑いはじめる…。
ある日、「毬子らしき人物に見張られている」という彼女・理香子からの連絡を受け、家へと駆けつけていた英明は突然背後から襲われ、拉致された! 監禁された先には同様に拉致された同級生の智絵・新庄・吉池の姿。勝手に回るルーレット…止まった人はクジを引き、「×ゲーム」を強要されるのだ。しかも「×ゲーム」は過去のものとは比較できないほど残忍なものだった…。罰を免れたいがために4人の関係も崩れ始め…。

まぁ、アレですよ!
リアル鬼ごっこよりは面白かったよ!

という事で、以下ネタバレなので未見の方は回避推奨です。



[タグ未指定]
[ 2011/02/12 01:37 ] 映画 | TB(0) | CM(3)

ツイッターの呪い ネタバレ感想

お酒を飲むと風邪が治るってホントかもしれない!
という事で、すこぶる体調も良くなって、あとは鼻水と咳が止まれば完璧なのですが。

まぁ、そんなことはどーでもよくってですね。

唐突ですが、ツイッターをご存知でしょうか!
140文字の制限のなかで思ったことを呟いたりする、あのツイッターです。

今回は珍しく邦画の・・・どーみてもアレな映像作品のご紹介です。

その名も、ツイッターの呪い!

n_604kwx634rpl.jpg

2ちゃんねるの呪いみたいな、ツイッターであった怖い話をホラーな感じに映像化した類のモノと思ってたらドキュメンタリー作品だった・・・。
いや、観た感じモキュメンタリー?
まー、どうでもいいですね。

実際にツイッターの画面とかアカウントとか出るのですが、ちょちょいとぐぐった程度では出てきませんでした。

軽く内容ですが、全5話になってまして
第1話 実況肝試し
廃墟で実況肝試しをしていた2人が行方不明に、撮影スタッフがその後を追って廃墟に潜入する話。

第2話 呪いのフォロー
その人からフォローされると22日後に死んでしまうという都市伝説みたいな話。


第3話 死者からのつぶやき
ツイッターで女性に粘着してた男性が自殺したはずなのにつぶやいてる!って話。

第4話 友人
幽霊が見えるとつぶやく人に取材を申し込んでみる話。

第5話 呪いのつぶやき
スタッフの知人から、警察沙汰にしたくないので行方不明人になった引き篭もりの息子を探し出してくださいって話。

そんな感じの内容となっております。

普段フェイクドキュメンタリーなんて観ないからなのか、凄くつまらなくってホントに眠くなりました。
なんでそんな映画のレビューを書いたのかというと、少し気になったところがありまして。

では、以下ネタバレ・・・するような内容もないのでオチと見せ場をご紹介。
前知識無しで、観たいのです!って方はレンタルしてらっしゃいませ。

[タグ未指定]
[ 2011/02/09 22:59 ] 映画 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

奈那紫

Author:奈那紫
このブログは
主に、雑記。
時々、映画。
稀に、ゲーム。
極稀に、バイク、酒、旅行など。
といった具合にお送りします!

リンクもトラックバックもフリーです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。